優待券の販売と買取

株主になると企業から提供される株主優待ですが、それを実施していないところもあります。
しかし、株主優待によってさまざまな特典が得られることから優待内容を目当てに株を購入する個人投資家も増えている影響もあり、株主優待を提供する企業も増加しています。
現在上場企業の約25パーセントのおよそ1000社で株主優待制度を採っています。


評判の高いANAの株主優待

航空会社でも優待制度を採っているところはありますが、その中でもANAは優秀な優待制度と高い評判を受けています。
ANAで株主優待券を利用すれば国内線同一区間の片道の飛行機の普通運賃が半額で購入できるほか、国内外のパッケージツアーの割引を受けることもできます。
ただ、株主で優待券を貰っても使う機会のない人もいます。
その一方、株主ではないけれども優待券の割引を利用できれば、と思っている人もいます。
お互いの思惑を利用して、使う機会のない株主が優待券を売り、利用したい人がそれを買うというシステムができているのです。
つまり、株主でなくても株主優待を受けることができるというわけです。
株主優待券は金券ショップやネットオークションで販売や購入ができます。
買い取ってもらいたい場合、インターネット上にもたくさんの買取店があるのでそれを利用すればわざわざ店頭に出向く必要がないので便利です。
買い取りの流れはショップによって異なりますが、ほとんどが必要事項を記入して申し込むだけと非常に簡単です。
購入する場合も同様にインターネットからも可能です。
購入の場合は搭乗の際に購入価格にプラスして優待価格である普通運賃の半額を支払うことになりますが、それでも一般に航空券を購入するよりも安くなるはずです。
ただし、お店や優待券の有効期限までの期間の長さによっても値段が異なるなどいくつか注意点があるのでしっかり確認しましょう。
株主優待券の買い取りと販売は、株主と飛行機を安く利用したい人お互いがWIN・WINになれるすばらしいシステムといえます。

関連記事: